午前9:00~12:00/午後16:30~19:30
休診日/水曜日 第1・第3火曜 午後休診/日・祝日

099-813-7791

BEGINNERS GUIDE当院へお越しの方へ

はじめてご来院される方へ

初診について

当院の⼀般診療につきましては予約の必要はございません。お越しいただいた順番に診察させていただいております。
診療内容によってはお呼びする順番が前後することもありますので、あらかじめご了承ください。
初診の際には、初診問診票をご記⼊いただきますので、余裕をもってご来院ください。

診療時間

午前診療 9:00~12:00

午後診療 16:30~20:00

休診日/水曜、第1・第3火曜 午後休診/日・祝日

初診のながれ

症状の確認とカルテ作成
  • 初診時にカルテを作成します
  • 飼主さま氏名、住所、連絡先、勤務先など
  • ペット名前、動物種、性別、生年月日など
  • ペットの症状をお聞きします
  • どんな症状か
  • いつからはじまったのか
  • 食欲
  • トイレの回数・様子
  • 嘔吐や下痢はあるか
  • 普段のフードやおやつなど
診察・検査

飼主さまと⼀緒に診察室に⼊っていただきます。

必要であれば、検査‧処置‧治療をいたしますが、事前にきちんとしたご説明をさせていただきますのでご安⼼ください。

検査料などは、お⾒積をご提⽰しながらの治療も可能です。
ご遠慮なく、獣医師にお伝えください。

通院・入院・治療

通院や⼊院が必要な場合は、獣医師よりその場で お伝えさせていただきます。

かかりつけのお医者様がいらっしゃる場合は、カルテ‧検査結果のコピー‧レントゲン写真( 撮影した場合のみ) をお渡ししますので、ご安⼼ください。

ご来院時のお願い

どんな⼦にとっても病院はとても緊張する場所です。
慣れない環境で他の動物に会い、びっくりして逃げてしまったり、興奮してケンカしてしまうこともあるかもしれません。

可能な限り、性格や病態等を把握されているご家族の⽅が、⼀緒にご来院いただくことをおすすめいたします。動物たちもご家族と⼀緒だと安⼼しますし、スムーズに診療を進めることができます。

皆様のご協⼒とご理解をお願いいたします。
※他の⼦と折り合いが悪い、興奮してしまう等、ご不安な点はご遠慮なく受付にご相談ください。

わんちゃんの場合
  • 病院へ⼊られる前には、もう⼀度、排便‧排尿をお済ませください。
  • ⾸輪や胴輪(ハーネス)を緩みのないようにしっかりと付けてあげてください。体と⾸輪の間に指が1〜2本くらい⼊る程度がちょうどいいサイズです。
  • 普段お家やお外でお利⼝にしている⼦でも、具合が悪い時やいつもと違った環境では他の⼦と仲良くできないかも知れません。
  • わんちゃんが苦⼿な⽅や動物もいらっしゃいますので待合室でお待ちいただいている間も、キャリーケージ内、リードは短めにしっかりとお持ちください。
  • 体の⼩さい⼦はケージに⼊れてご来院頂くと、落下事故などを防⽌できます。
ねこちゃんの場合
  • キャリーバックやファスナー付きネットなどに⼊れてご来院ください。
  • ⾞や病院‧診察室への出⼊りの際、緊張や興奮のため、飼い主様の⼿を離れて逃げてしまう⼦もいるので、怪我や迷⼦などの事故がないように、充分ご注意ください。
  • 普段お利⼝な⼦でもゲージから出したり、ネットからお顔を出したりされないようにお願い致します。猫は素早く、体の柔らかい動物ですので、⼩さな隙間からでもあっという間に⾶び出して事故に遭ってしまう可能性があります
その他の動物の場合
  • 飼育ケースやケージなどに⼊れ、なるべく驚かせないようにしてご来院ください。
  • ケージを⾵呂敷などで包む事によって外からの刺激やストレスを減らす事が出来ます。
  • いつも使っているケージのままお連れ頂くと、普段どのような⽣活をしているかが分かるので、 診察の⼿がかりになるかも知れません。
  • 普段のままの飼育⽤品ごとお連れいただくか、無理な場合は写真(スマホ画像)を何枚か⽤意してお持ちくださいますようにお願いいたします。

お持ちいただくもの

以下のものをご持参ください。

  • ご⽤意いただきたいもの
  • ⾸輪、リード
  • キャリーケース∕キャリーバッグ
  • 現在服⽤しているお薬
  • ワクチン証明書
  • ペット保険証書※ペット保険をご利⽤される場合
  • 他病院での治療歴、検査歴がある場合はそのデータ
  • 可能な範囲でご⽤意いただけると診察がスムーズになるもの
  • 普段⾷べているフードのブランド名やタイプ
  • ペットの種類や⽣年⽉⽇

2回⽬以降の再診の場合は、診察券もお忘れなく。

診療案内の詳細を⾒る

緊急診療‧夜間対応について

緊急‧救急診療

緊急時の場合は、時間外でも対応させていただきます。必ず事前にご連絡をください。
お電話の際、獣医師あるいは動物看護師がペットの状態をお聞きします。
時間外診療の場合、診察料に加え、時間外料⾦をいただきますのでご了承ください。

まずはおちついて、状態をチェック!
  • どんな様⼦ですか?
  • 何がおきましたか?
  • いつからですか?

緊急連絡先099-813-7791

必ず事前に
お電話を!

診察券をお持ちの⽅はご⽤意ください。

夜間‧休診⽇の対応

夜間は対応できない場合もあります。留守番電話にメッセージを残していただけると、可能な場合は折り返しご連絡いたします。

下記の注意事項を必ずお読みになり、お問い合わせください。

注意事項
  • 当院がかかりつけの患者さんのみ、夜間‧休診⽇対応をさせていただきます。当院の患者様以外の夜間のご連絡はお控えください。
  • 夜間の診療は緊急性のある患者様のみを対象としています。
  • 緊急を要するかどうかの判断はお電話では適切にお応えできない場合があります。受診することを前提とし、電話相談のみはご遠慮いただいております。
  • 時間外診察には通常の診察料⾦に加え別途、時間外診察料(¥5,000〜)がかかります。
  • 夜間診療の治療費のお⽀払いは、当⽇精算をお願いします。現⾦またはクレジットカードでのお⽀払いが可能です。
  • 服⽤中のお薬や検査データがある場合は持参してください。
  • 当院は獣医師が24時間待機しているわけではありません。
  • 折り返しの電話がない場合は診療ができない状況ですので、下記の提携医療機関にお問い合わせください。
夜間・休診⽇緊急連絡先
留守番電話サービスにつながります。099-813-7791
診察可能な場合に限り、折り返しお電話させていただきます。
また、折り返しの電話がない場合は診療ができない状況ですので他院にお問い合わせください。
  1. ① お名前
  2. ② 連絡先
  3. ③ ペットの状態

留守番電話に上記①〜③を録⾳してください。

①〜③の情報が残されていない場合、折り返しのご連絡ができませんのでご注意ください。

当院からの折り返しがない場合

当院からの電話がない場合、下記の提携医療機関にご連絡ください。

  • 平⽇夜間(19:00〜翌朝6:00まで)

    ⿅児島⼤学夜間案内サイトはこちら
    http://www.vet.kagoshima-u.ac.jp/KUVTH/night-visit.html

    診察対象は、⽝、猫のみです。

     

  • ⼟⽇祝‧お盆期間‧年末年始の夜間(19:00〜22:30)

    ⿅児島県獣医師会⽇曜当番医‧夜間診療案内
    TEL 099-258-5992

    ※⿅児島市内の動物病院が当番制にて診察しています。
    ※当⽇の当番病院が⾳声案内ダイヤルにて案内されます。

診療案内の詳細を⾒る

Q&A

TNRについて

求人情報